> 第46回大会長メッセージ「演題登録のお願い」(三重大会)

第46回大会長メッセージ「演題登録のお願い」(三重大会)

開催日  2022年11月26日(土)・27日(日)

演題募集期間 2022年4月18日(月)~6月30日(木)

参加登録期間 2022年7月1日(金)~9月29日(木)

日本死の臨床研究会会員各位

 新型コロナ感染症・自然災害・軍事介入など穏やかに過ごすことを許してくれないような事態が続いています。第46回年次大会は、「いのちをつなぐ~そのときをどう生きる?どう支える?」をテーマとしました。様々な社会情勢と困難の中で、一人のひとが死を迎えるとき「誰と誰がどのようにつながると支えとなるのか」、いつかは死を迎える「私」としては「どのように生き、何をどのようにつないでいけばいいのか」を共に考え、お互いに困難を乗り越えられる何が見つかるような大会を目指しています。

 2年ぶりに会場へ参集していただきたいという想いと新型コロナ感染の影響の両方を鑑みながら開催準備に専心中です。年次大会の顔ともいえる事例検討や講演・シンポジウム等の死の臨床研究会らしいプログラムは、可能な限り会場でのセッション開催としたいと考えています。現地参加困難な状況に備えてオンライン配信を併用し、配信可能なセッションについては当日ライブ配信や後日アーカイブ配信の準備を整える予定です。一般演題はe-posterでの発表を予定しています。

この度、4月18日より一般演題登録を開始します。 皆様の参加をお待ちしております。

第46回日本死の臨床研究会年次大会 大会長 松原貴子

                     辻川真弓