> 研究助成応募・研究論文関係

研究助成応募・研究論文関係

研究論文・活動報告の募集のご案内

1.研究論文の募集

日本死の臨床研究会では、会誌「死の臨床」掲載論文を、原著を中心に、常時募集しています。オリジナリティーが高く、他誌へ投稿・発表されていない論文をお寄せ下さい。

2.活動報告の募集

会誌には論文の他にも、「死を見つめる」、「死を考える」などのテーマで、地域やグループでの活動を「活動報告」として掲載することができます。

*応募方法、執筆要項などの詳細については、投稿規定をご参照ください。

*連絡先 日本死の臨床研究会本部事務局 (お問い合わせフォームよりご連絡ください)

PAGE TOP ▲

研究助成論文 応募のご案内

研究会では、会員の研究活動を支援する目的の研究助成を実施しています。

例年4月に公募を行っています。詳細は、ホームページでお知らせします。

規定・内規

研究助成報告書

この内容を引用する場合はホームページに掲載された研究助成報告書の内容を引用していることを明記してください。

2017
年度
実習で臨死期患者にかかわる際の看護学生の不安と不安の緩和要因、および教員に求める支援の究明研究 鹿児島大学医学部保健学科 清水佐智子 PDF
2016
年度
病院や在宅で看取りを行ったがん患者遺族の心的外傷後成長(Posttraumatic growth:PTG)と関連要因 佐賀大学医学部看護学科 武富由美子 PDF
2015
年度
ホスピス緩和ケア領域における音楽療法の実態調査とガイドライン作成 社会福祉法人信愛報恩会 信愛病院 北川美歩 PDF
2014
年度
多死社会における高齢者の死への態度と死の迎え方に関する研究 -生涯発達の視点からの提言-   関西国際大学 保健医療学部看護学科 中木里実 PDF
2013
年度
子育て期間中に妻との死別を体験した寡夫のニーズおよび社会的支援の現状と展望 -生涯発達の視点からの提言- 高崎健康福祉大学保健医療学部 倉林しのぶ PDF
  エンド・オブ・ライフ・ケアにおける看護師が体験する悲嘆に関する研究 キーワード:看護師の悲嘆、エンド・オブ・ライフ・ケア、体験 -生涯発達の視点からの提言- 神奈川県立保健福祉大学保健福祉学部 看護学科 小林珠実 PDF
  予後告知に関する医学生の意識-医学教育プログラムの開発に向けて- キーワード:看護師の悲嘆、エンド・オブ・ライフ・ケア、体験 名古屋大学大学院医学系研究科 総合医学専攻 総合医学教育学 山木照子 PDF
2012
年度
緩和ケアのエキスパートナースによる終末期がん患者の倦怠感に関するアセスメントとケアの実態 大阪府立大学看護学部 池内香織 PDF
  「終末期がん患者とその家族への在宅療養移行における支援内容とその評価~遺族のインタビューから~」 大阪府立大学看護学部 岡本双美子 PDF
  「ホスピス・緩和ケア病棟の「バーチャル・ペイシェント」事例の作成と評価 日本赤十字広島看護大学 実藤基子 PDF
2011
年度
わが国の緩和ケア病棟における宗教家の活動の現状 藤田保健衛生大学医学部外科・緩和医療学講座 村瀬正光 PDF
2010
年度
がん終末期の統合失調症患者を看取る 精神科看護師の戸惑いと希望 前鹿児島純心女子大学看護栄養学部 荒井春生 PDF
  特別養護老人ホーム施設職員の臨終期におけるケアの実態 -全国の質問紙調査と離島の面接調査を通して- 熊本学園大 石川美智 PDF
  主治医と患者・家族における「予後認識のずれ」についての研究 川崎市立井田病院 佐藤恭子 PDF
2009
年度
若年者の自殺関連行動と死生観に関する研究 独立行政法人 国立精神・神経医療研究センター 精神研究所 赤澤正人 PDF
  終末期がん患者の疲労とサイトカインの関連の検討 大久保病院 永崎栄次郎 PDF
  外来において治療を継続していく乳がん患者の力 -家族からのサポートの側面に焦点をあてて- 聖路加看護大学大学院看護学研究科 博士後期課程 山手美和 PDF
2008
年度
エンバーミング(遺体衛生保全)の意思決定が 遺族の悲嘆に与える影響に関する社会心理学的研究 -意思決定を巡る当事者間相互作用に焦点をあてて- 関西大学大学院 心理学研究科 博士課程後期課程 佐藤貴之 PDF
2007
年度
ビハーラで最期を迎えるということの価値は どこにあるとひとびとは考えているか? -仏教者の役割意識と病棟スタッフの捉え方に焦点をあてて- 医療法人崇徳会 長岡西病院ビハーラ病棟   的場和子/多賀裕美/多田洋子/森田敬史   PDF
  「身の置き所のない」倦怠感がある終末期がん患者の様相とそれに対する緩和ケア   日本赤十字広島看護大学 植田喜久子 PDF

PAGE TOP ▲

論文リスト

2010年〜

No.552010
No.572011
No.592012
No.612013
No.63 2014
No.652015
No.672016
No.692017
No.712018

それ以前のもの

No. 発行年 No. 発行年 No. 発行年 No. 発行年
1 1978 3 1980 15 1990 35 2000
2 1979 4 1981 17 1991 37 2001
    5 1982 19 1992 39 2002
    6 1983 21 1993 41 2003
    7 1984 23 1994 43 2004
    8 1985 25 1995 45 2005
    9 1986 27 1996 47 2006
    10 1987 29 1997 49 2007
    11 1988 31 1998 51 2008
    13 1989 33 1999 53 2009
1978〜1979 1980〜1989 1990〜1999 2000〜2009

*会誌「死の臨床」は1989年以降は偶数番号は抄録プログラムになります。 

 論文はこちらでダウンロードできます

PAGE TOP ▲